効果的なバレンタインチョコの渡し方(彼氏・旦那編)

恋愛

彼氏や旦那さんへのバレンタインのチョコレート、どう渡しますか?サクッと渡しちゃう人もいれば、いつどうやって渡そうかそわそわしてしまう人もいますよね。そこで、ここでは想いが伝わる渡し方を紹介いたします。


スポンサードリンク

バレンタイン

既に両思いのカップルにとってもバレンタインは一大イベントですね。1年の中でも唯一と言える、女性から再度気持ちを伝えることができる日となります。ここで、普段「愛の言葉」を彼に言わないような女性は、気持ちを伝えるのが吉です。シャイなカレであっても、この日ばかりは彼女の本心を聞いて安心してくれるでしょう。

これからも幸せな二人の時間を過ごしていくために、効果的なチョコレートの渡し方を考えてみましょう。付き合っている彼、旦那にはどのように渡すといいのか気になりますよね^^

チョコレートの効果的な渡し方

朝渡す

既に結婚をしているカップルや、同棲をしているカップルは朝に渡すのが吉。
特に、社会人である彼でしたら、会社でチョコレートをもらってくる可能性が高いです。幾ら付き合いでの義理チョコとは言え、自分が2番手、3番手になるのは悔しいですよね。

それに、彼からしても一番に本命の奥さんや彼女のチョコレートが欲しいはずです。まずは、朝に渡して「誰よりも早く渡したかったんだ」と伝え、「帰ってきてから一緒に食べようね」など言葉を足すといいでしょう。

ディナー後に渡す

二人で少しロマンチックなディナーを過ごしたら、食後に手渡してみましょう。直接手渡すことで、より愛が伝わりやすくなります。
自宅でのディナーならば、その場で二人で食べるのもいいでしょう。また、手作りのチョコレートを、食後のデザートとして味わうのもうれしいはずです。「あなたのために頑張ったんだ」と、彼に作ったという事を、一言添えてあげましょう。

食事と一緒にセットする

一緒に住んでいて仕事や学校から帰ってくる、一緒に住んではいないけれど自分の家に来てくれる場合には、食事と一緒にテーブルにセットするのもいいでしょう。手作りのケーキやお菓子を用意したのでしたら、かわいらしく盛り付けるのも手でしょう。ただし、甘党のカレでなければ、大がかりにセットされたあま〜いチョコレートを見ただけで嫌になることも。彼の趣味や好みに合わせてこの作戦を立てるといいでしょう。

子供もいて、一緒にお菓子を作った場合には、かわいく盛り付けられた特別なディナーに旦那さんもきっと喜んでくれるはずです。大好きなお嫁さんとお子さんが一緒にセットしてくれたとなると、これからも頑張ろうという気持ちが出るのではないでしょうかね。

スポンサードリンク

あわせて読みたい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す