効果的なバレンタインチョコの渡し方(会社同僚・上司編)

恋愛

会社の同僚や上司に渡す義理チョコ。渡し方にちょっと気を使ってしまうこともあるのでは?そこでウマい渡し方を紹介いたします。印象アップを狙いたいアナタ、必見です^^


スポンサードリンク

バレンタイン 1

女性にとっても、男性にとっても意識をするバレンタインデーだからこそ、勘違いが無いように「義理チョコ」は渡したいですよね。ある意味、本命のチョコレートよりも気を使うのが上司や同僚への義理チョコではないでしょうか。
仕事の関係上、半ば強制に渡さなければならない場合もありますね。これからの仕事で上手い関係を築くためにも、効果的なバレンタインチョコの渡し方を考えてみましょう。

上司、同僚へのバレンタインチョコの渡し方

高額なチョコレートは避ける

義理チョコの相場は、500円〜1000円程度です。一人で購入するばあには、見栄を張って高いものを買わずに、シンプルなもので済ませるようにしましょう。
1000円以上するような高価なものは、もらった方も困り、逆に常識知らずと取られてしまいます。

女子一同で渡す

職場に何人か女子がいる場合には、みんなで割り勘をして手渡すようにしましょう。
上司の年齢、立場、女性の人数によっても変わりますが、1つのチョコレートの値段が
まとまって買うなら数百円〜数千円程度で予算を組むのが適当です。

無難な包み紙

職場の女性一同で渡せない場合には、あくまでも無難な包み紙で手渡しましょう。
幾ら全員分を同じように用意しているとは言え、豪華な包み紙や手紙を添えてしまうと、
誰かしら勘違いをしてしまう可能性も出てきます。
また、仕事によっては「媚を売っている」というようにととる上司もいるかもしれません。

偉い人から順に渡す

みんなが見ている朝や昼食の時間など、時間が取れる時には上司から渡すようにしましょう。
偉い人から順に同じチョコレートを渡していることで、勘違いをされることなく、礼儀もしっかりとしているように見えますね。

一言添える

出来れば、直接手渡して言葉を添えるようにしましょう。
「いつもありがとうございます」「ほんの気持ちです」など言うと効果的です。
相手も、義理チョコだと一発でわかりますし、上司から見ても礼儀がある子だととってくれるはずです。

スポンサードリンク

サイト移転のお知らせ

Beauty's Naturalは「美act」としてリニューアルオープンしました。
より濃くてフレッシュな芸能人美容情報をお届けします。
↓↓↓

美act [美アクト] すべての女性を女優に!美活応援メディア

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す