効果的なバレンタインチョコの渡し方(学校のクラスメイト編)

恋愛

学校でバレンタインチョコ、どう渡しますか?義理チョコ、本命、女子同士、ケース別におすすめな渡し方を紹介しますね。


スポンサードリンク

バレンタイン2

小学生や幼稚園生でもチョコレートを渡すように、クラスメイトへのバレンタインチョコをプレゼントする習慣がありますね。中学生や高校生となれば、手作りチョコレートを女の子同士で交換し合うなんて言うイベントでもあり、本命の男の子がいる子も、そうでない子にとっても、バレンタインデーは特別な日でしょう。

そんな女の子たちにとって、クラスメイトへのバレンタインチョコレートの効果的な渡し方を見てみましょう。それぞれ、渡す相手ごとに分けてまとめてみました。

クラスメイトへのバレンタインチョコの渡し方

同性の友達

最近では、同性の友達でもチョコレートを渡しますよね。
自分で作った手作りチョコも、そうでないものも、相手にプレゼントするのはなんだか嬉しいでしょう。みんなで交換する約束があるのでしたら、朝一番やお昼の時間に交換するのがいいでしょうね。

高校生や大学生でしたら、おひるごはん代わりにみんなで摘まみあうなんて言うのも楽しいですね。中学生や小学生など、学校の決まりでチョコレートを持っていけない場合には放課後に渡しましょう。一度家に帰って、みんなで集合して交換し合うのも楽しいですね。

異性のクラスメイト(義理チョコ)

異性の友達であっても、義理チョコを配る人は多いですよね。普段仲のいい男子でしたら、特に深い意味がなくても、とりあえず送るという事はあるでしょう。気が知れている相手で、明らかに義理チョコだと相手もわかる場合には、何も気にせず渡していいでしょうね。

ただ、変に勘違いをされそうな場合や、勘違いをされても困る場合には、あくまでもこれは「義理チョコ」と口に出して伝えた方が、勘違いも起こることなく、相手も困らないでしょう。また、特に意識をしていない異性のクラスメイト全員に渡す場合には、みんなまとめて渡すのが吉でしょう。

異性のクラスメイト(本命・気になる相手)

特別なチョコレートを用意しているのでしたら、義理チョコとは別口に渡すのが吉でしょう。もっていったチョコレートが崩れない朝うちに渡したいところですが、午前中にもらうのは相手が困ってしまう場合もあります。鞄やロッカーにチョコレートが入っていたら、明かに目立ちますし、シャイな男の子でしたら周りにばれてからかわれるのが嫌なはずです。そうなると、うまくいきそうだった恋も、周りにからかわれるままに終わってしまいかねません。

出来れば、一日ばれないところに隠しておいて、放課後に渡すのがいいでしょうね。女の子が堂々と告白できる日ですから、恥ずかしくても「本命」であるという事を言葉で添えて渡すようにしましょうね。

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す