ダイオウグソクムシを食べる?お味は… 海外では料理に出る地域も

ダイオウグソクムシを食べる地域も世界にはあるとのことですが、いったいどんな味がするのでしょうか。日本では食用になっておらず、漁師さんからも邪魔モノ扱い。ということはやはり…


スポンサードリンク

ダイオウグソクムシ料理鳥羽水族館の絶食個体がきっかけでブレイクしたダイオウグソクムシ。日本では食用になっていません。実際のところどんなお味なのでしょうか。
いろいろと調べてみました。

Wikipediaによれば、美味しくはない

毒性はなく、食べること自体は可能です

しかし、体が大きい割に肉が少ないとのこと。確かに、殻のようなものが多そうで、食べる部位があまりなさそうです。
また、臭みも強く美味しくはないようですね。

もうちょっとディテールを知りたいな、と海外のサイトを調べてみたところ耳寄りな情報が。

台湾では食べるらしい

こちらの海外記事では、ダイオウグソクムシの食用について以下のように紹介されています。

…in northern Taiwan and other areas, they are common at seaside restaurants, served boiled and bisected with a clean lateral slice. The white meat, similar to crab or lobster in texture, is then easily removed.

どうやら、台湾の北部ではふつうに料理として出すレストランもある模様です。
茹でるとカニやロブスターのような食感になるそうな。

お味についての記載がないですね。…と、別のサイトにありましたよ。

They taste like shrimp, crayfish, or lobster.

エビもしくは伊勢海老、或いはロブスターのようなお味だそうです。

Wikipediaの情報とあわせると、臭みの強いエビ系、というかんじの味になりそうですね。

旨味が凝縮されたエビという噂も

さらに、朝日放送の「探偵ナイトスクープ」という番組では、ダイオウグソクムシを素揚げにして食べるという特集が組まれていました。

お味は「甘みや旨味が凝縮されたエビのような味」と、番組に登場した漁師の方も感激するほど。
素揚げということは、かなり味付けはシンプルなはず。ということは、おいしいのか…?

ただしこちらのソースは2ちゃんねるで、ダイオウグソクムシではなくオオグソクムシ(ひとまわり小さい種類)じゃないか?との反論も上がっており、真偽を確かめるに至っておりません。

まとめ

オオグソクムシの食用についてまとめますと、

  • 味はエビ系
  • 食感もエビ系
  • 食べる部位は少ない
  • 臭みは強い
  • 日本では食用に使われていない
  • 台湾では料理として出すレストランもあるらしい

ということになるかと思います。調理次第では美味しくなるのかもしれません。

食べたことがある方いらっしゃったら、教えて下さいね♪

スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す