お花見デート 女性の服装 気をつけておきたいポイントは?

恋愛

待ちに待ったお花見デート。彼がハッとしてしまうような服装でいきたいところですけど、注意しておきたいポイントも。ここをミスると、印象ダウンにもつながるかもしれないので、押さえておきましょうね。


スポンサードリンク

スカートやヒールはNG

お花見デートの時に、押さえておきたい服装のポイントを紹介したいと思います。どんな女性でも、デートでの服装には力を注ぐのではないでしょうか。そして、その日の自分に合うファッションを選んで、気持ちを上げて、お出掛けしたいものですよね。

ですが、お花見デートでは、普段のデートとはちょっと違う配慮が必要です。どういった服装がいいのか、押さえておきたい服装のポイントを見てみましょう。

可愛らしさを重視したいという人は、デートと言えばスカート!と思うかもしれませんが、スカートは絶対にやめておきましょう。まだ肌寒い時期であることと、地べたに座ったりすると男性側は、どうしても気になってしまうそうです。

そして、土の上を歩くことがあるお花見デートでは、かかとの高いヒールをはくのは避けるようにしましょう。特に、ピンヒールなんてもってのほかです。理由としては、土に埋まって恥ずかしい思いをする事があるからです。

背が低い、スタイルにコンプレックスがあるなんて言う場合には、ちょっとした高さがあるものを選ぶようにしましょう。もしくは、幅広ヒール、ウェッジソールなど配慮をして選ぶようにすると良いかと思います。

ブーツや薄着も避けること

レジャーシートに上がったりすることが多いので、ブーツ、ジッパー付きなどの脱ぎ気しにくい靴は避けましょう。
まだ肌寒い日も多い時期です。天気予報を見ると暑いくらいの日であっても、木の陰は意外と涼しくなります。

薄着で出かけるとしても、上着を一枚持つなどしてしっかりと防寒をすることが大切でしょう。お花見デートでは、かわいらしい格好をしたい気持ちをぐっと押させ自分の防寒と相手への配慮を重点にしてくださいね。

普段ふりふりの女の子っぽい、可愛らしいお洋服を好む人も、この時ばかりはギャップを見せる気で出かけてはいかがでしょうか?普段とはちょっと違った一面に、男性側のウケも意外といいかもしれません。

スポンサードリンク

あわせて読みたい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す