美味しいジャーサラダを作るためのコツ!〜お肉編〜

基本の野菜サラダの次は、お肉も使った応用編をご紹介。
この時期なら豚肉を使った冷しゃぶサラダや、鶏のささみ使ったサラダがオススメ。
入れる順番は葉物(レタスなど)の手前です。
お肉を使う時は、加熱処理が不十分にならないよう気をつけてください。
また心配な方は、サラダだけ作っておいて食べる直前にお肉を乗せてもいいですね。


スポンサードリンク

ジャーサラダの基本を身につけたら、レパートリーを増やしていきたいですよね。
メイソンジャーは、自分のアイディア次第で様々な料理に使えます!

夏にぴったり!冷しゃぶサラダ

<材料> 1人分

  • 豚バラ…食べたいだけ
  • にんじん…3分の1
  • きゅうり…2分の1
  • たまねぎ…2分の1
  • レタス…適量
  • ドレッシング…大さじ2

<作り方>

1.人参ときゅうりは千切り、たまねぎは薄くスライスして水にさらしておく。
 お肉は湯に通し、冷やしておく。
2.瓶の底にお好みのドレッシングを入れる。
(今回は  を使用しました。)
3.人参、きゅうり、玉ねぎの順に入れ、次にお肉、お好みでレタスを入れる。

<ポイント>

玉ねぎは水にさらした後しっかり水気を切るようにしてください。
彩りにトマトを入れてみても綺麗ですね。

女性に嬉しいバジル風味ささみサラダ

<材料> 1人分

☆サラダ

  • ささみ 2分の1本
  • お好みの野菜

☆バジルドレッシング

  • オリーブオイル…大さじ2
  • 酢…大さじ1
  • 乾燥バジルやパセリなど…適量
  • 塩…適量
  • こしょう…適量
  • 玉ねぎ…少々

<作り方>

☆バジルドレッシング
1.玉ねぎをみじん切りし、塩、こしょう、バジルを加え混ぜ合わせる。
2.少し置いて味をなじませたら、酢、オリーブオイルを加え混ぜる。

☆サラダ
1.お湯を沸かし、沸騰したらささみを1分間茹でる。
2.茹であがったらしばらく冷まし、冷めたら身をほぐす
3.瓶にバジルドレッシングを入れ、野菜を順に詰めていく。
4.葉物を入れる手前にささみを入れ、最後に葉物で蓋をしたら完成。

<ポイント>

ささみをほぐす時、中まで火が通っているかよく確認してください。
火通りが不十分な時はもう一度湯にくぐらすか、電子レンジへ。
バジルドレッシングはトマトやきゅうり、レタスなどと相性がばっちりです。

スポンサードリンク

あわせて読みたい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す