ランチにぴったり!瓶DEごはん(サラダ麺編)

今回はジャーサラダ×麺類。
「今日は麺が食べたいな~」という日もありますよね。
ジャーサラダに麺を入れておけば、いつでも簡単にサラダ麺が食べられますよ。
うどんを下に、野菜を上にして、凍らせたつゆを乗せていけばランチには食べごろに。
またつゆをそのまま入れていくときも、麺を上にして持っていけばつゆを吸ってしまうことがありません。


スポンサードリンク

メイソンジャーを使えば汁物だって簡単に持ち運びOK!

しっかり密閉されるので安心です。

ヘルシーでさっぱりな「サラダうどん」

暑い日は涼しげなサラダうどんがぴったり!
うどんを一番下に入れたら、上に好きな野菜を詰めていきましょう♪
前日につゆを凍らせて、朝一番上につゆの氷を乗せておけば食べる頃には溶けていますし、ちょっとした保冷効果も。
同じように麺を中華めんに変えれば、冷やし中華も楽しめちゃいます!

春雨に味がしみない!「春雨サラダ」

春雨サラダって、つゆを吸って伸びてしまうことがありますよね。
でもジャーで作れば大丈夫!
瓶につゆを入れ、一番下に千切りしたきゅうりやにんじんを敷き、次にレタスやハム、最後に春雨を乗せればつゆが混ざりません。
またきゅうりやにんじんなど、しみにくい野菜はいい感じにしんなりしてくれます♪

ショートパスタだってお手の物!

ショートパスタを入れていく場合は、葉物とその他の野菜の中間に入れていきましょう。
バジル系のソースや、トマトペーストなどと併せてもっていきたいですね♪
また、マカロニを入れたい場合は、あらかじめマヨネーズなどと絡めておくとおいしくいただけますよ!
入れる場所はパスタと同じ、やわらかい野菜と葉物の間です。
瓶の一番上に入れてしまうと、蓋にくっついたりしてしまうだけでなく、乾燥もしやすくなってしまいます。

これらの麺類を入れて持っていく場合、麺はカビが生えやすいので保冷剤を多めに持っていくといいですね!
先日私の母が茹でたうどんをビニールに入れてもらって帰ってきたのですが、次の日の夜にはカビが生えてしまっていました…
もちろん冷蔵庫で保管はしていたのですが、麺類は一度茹でられて水気を含んでいるのと、袋の中に水滴が付いていたこと、また素手で触ったりしていたのもあってカビが生えやすかったようです。
麺類はその日の内にできるだけ食べてしまうことをお勧めします!

スポンサードリンク

あわせて読みたい?

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

コメントを残す